寺子屋アマガサキの紹介

阪神尼崎の商店街前にあるこの御店には多くの人が訪れています。そして、毎日賑う宴会が行われているようです。そんなこの店を徹底追求して調べていきましょう。

外観

宴会というよりも、古風な宴会が出来る場所です。動言ったらいいでしょうねぇ…あのサラリーマンがネクタイを頭に巻いてダンスしているような感じではないということは言えますね。こじんまりとした建物なのですが、日本庭園がありとても厳かに楽しむ宴会が行えそうということが伝わってきます。

内観

内観は、畳です。日本人が愛してやまない畳。その上には個人個人にセパレートされているちゃぶ台があり、料理が添えられています。

店長がこの店で大事にしていること

この店には舞妓はんでもいるのですか?と思わせるような日本の格式高いお店を演出できるようにサービスや料理。内観などすべてをこだわっています。そんなこだわりがあるからこそ、今も人気にが続いているのではないかと思います。

河井えりながおすすめするメニュー

本日の刺身

本日尼崎の漁港で収穫された魚を鮮度100%の状態で裁き、提供しているため、身が厚くプリプリになっています。ですので、何が入ってくるのかは当日になってのお楽しみになっているようです。

バクダン

上記の刺し身がふんだんに入って、山芋と醤油が掛かった逸品。隠し味としてたくわんが入っているんでシャキシャキした歯ごたえも感じる事ができます。

 

求人情報

給与:月給18万円

職種:調理

仕事内容:板前業務全般

このカテゴリーについて下記が用意されています。

尼の右近の遺産求人をめぐるサイト【尼右近の求人】